ASNアクティブシニアネット

日常活動

2018年活動報告

部会同好会

部会同好会

◇◇ 1 ◇◇ 特別企画・ヤマハミュージアム見学会
【開催日】10月20日(土)【活動時間など】13:20
【参加者】ASN(34人)、雲を耕す会(2人)、ミレーの会(10人)、
プラチナクラブ(8人)
【活動場所】ヤマハ企業ミュージアム・イノベーションロード
【内  容】
月例会の特別企画として井上さんのご配慮により実現した見学会。 ASNとつながりのある団体の皆さんにも声をかけたので、
総勢50人以上の団体。説明がうけやすい人数ということで、 ミュージアムの見学は2班に分かれることとなった。
ヤマハの商品開発の歴史を概観する展示、
しかも展示してある楽器は演奏が可能。 音と映像を効果的に使い、音楽文化をブランドイメージにしてる
会社のセンスの良さがよく現れた内容となっている。 ガイドさんの懇切な説明であっという間の1時間。
【報告】佐竹


◇◇ 4 ◇◇ 講演会

◇◇ 2 ◇◇ 公開講演会・講師「村上輝久氏」
【開催日】10月20日(土)【活動時間など】15:00
【参加者】ASN(35人)、雲を耕す会(2人)、ミレーの会(10人)、
プラチナクラブ(8人)
【活動場所】ヤマハ本社 18号館第2研修室
【内  容】
講演のテーマは「いい音ってなんだろう」
このタイトルの謂れから話は始まる。
村上氏の語口のうまさとミケランジェリ、リヒテルなど世界的な
ピアニストと関わっていくエピソードの一つ一つの面白さに引き込まれていく。
質疑応答にも一つ一つ丁寧に答えられ、
人柄の良さが伝わってくる内容であった。
素晴らしい講演会となった。
【司会】桑原

◇◇ 4 ◇◇ 部会・同好会からの報告

◇◇ 3 ◇◇ ビジネスサポート部会
【開催日】9月18日(火)【活動時間など】16:00-18:00
【参加者】細谷、鈴木(猛)、桑原
【活動場所】可美協働センター 小会議室
【内  容】
9月18日(第3火曜日)の「第188回 ASNビジネスサポート部会」は
欠席者が多く、細谷さん・鈴木猛さん・それと桑原の3人でした。
・8月31日の企業見学:株式会社キャタラーについて
・トヨコーの新聞記事に関して
・ベスト・ブレーンの新規取り組みの「採用プロジェクト」の採用・離職
 実例集作成について
・次回には鳥井さんの出席を仰ぎたい
・10月からASN入会予定の伊藤さんを迎えれるか?
・その他、雑談
【報告】桑原
◇◇ 4 ◇◇ ビジネスサポート部会
【開催日】10月16日(火)【活動時間など】
【参加者】大手、古橋、鳥井、久米、伊藤、桑原
【内  容】
平成30年10月16日(第3火曜日) 16:00-18:00
 西部協働センター(可美協働センターが祭りで停止だったので)
出席者::大手さん・古橋さん・鳥井さん・久米さん・伊藤秀一さん・桑原
・初参加の伊藤秀一さんの自己紹介及びビジネスサポートとの関連性について。
・久米さんの当面の課題:ユーシン会議室で講演会を開きたい、浜信の協力も得たりして。
・鳥井さん:静岡県の助成金の有効利用。ITOに関心あり。
・古橋さん:相続対策に関心が。
・桑原:ビジネスサポート部会の過去について。
企業見学「808ファクトリー」・「株式会社キャタラー」報告。
☆第8回 産業振興フェアinいわた・・・11月9日10日 アミューズ豊田にて。
☆メッセナゴヤ2018・・・11月7日10 ポートメッセなごやにて。
☆次世代自動車センター技術動向講演会・・・10月24日 グランドホテル浜松にて。
※会場は可美協働センターより西部協働センターの方が交通の便が良いとの意見多し
・・検討することになる。
【報告】桑原
【講演者】鈴木(猛)

最新情報&更新情報

アクティブシニアネット15周年記念事業

アクティブシニアネットのメンバーと「未来ネット」、「天狗の会」、「一般参加」の人とトヨタ博物館、吉良町を見学しました。

記念事業

記念事業

アクティブシニアネットについて

  いきいきと、充実したシニアライフを送りたいと希望する中高年の出会いと交流の為のネットワークです。
  交流をベースに、会員の経験、ノウハウ、人脈を活用して積極的に社会参画し、地域社会に貢献することを考え、実行することを目的とします。
 アクティブシニアネットのキーワードは「人生に定年なし」「交流と参画」です。価値あるネットワーク作りを目指しています。

アクティブシニアネットの活動

(1)部会・各種同好会活動
ビジネスサポート部会
大学交流部会
趣味の同好会

(2)月例交流会(毎月第三土曜日午後)
各界著名人及び会員による講演会、
会員の情報交換

(3)企画会(毎月毎月第一土曜日午前)
月例交流会、同好会の企画立案、情報・意見交換

(4)各地区シニアネット、関連機関との交流・連携

▲ページトップに戻る